【マラウイニュース】サンバード観光が2021年にK7億4,940の利益

Sunbird Tourism records K749.4m profit in 2021

2022年4月1日 | THE NATION

マラウイ証券取引所(MSE)上場のホスピタリティ・グループであるサンバード観光社は、旅行規制の緩和と景気回復を主因として、K7億4940万の税引き後利益を計上した。

サンバード観光は公表した決算書の中で、税引き後利益が2020年同期のK12億の損失から急増したと述べている。

同声明では、この結果は事業環境の改善と、当年度に同社が実施したコスト管理経営戦略によるものであると伝えている。

会長と取締役の連名で発表された声明文の一部では「当社のマーケティング戦略とポジショニングは、客室とケータリング事業の両分野における活動を推進する上で極めて重要な役割を果たしました。宿泊販売総数の57%を占める法人個人市場は、引き続きビジネスの中心的なセグメントであり、次いで法人団体市場の27%となっています」と伝えている。

この声明によると、ホテルチェーンの総売上は2021年にK166億に上り、稼働率の改善により前年の報告K135億から23%増加している。

一方、同社の稼働率は、前年の32%から当期は36%に改善している。

この業績に対し、マラウイ少数株主協会の事務局長は、前向きな展開であると評価している。
「この傾向が続き、国がワクチンの投与を続ければ、まもなくCovid-19問題は歴史となり、最も影響を受けた企業の取引を含め、事態が正常化することを私たちは願っています」と彼は述べている。

一方、ホテルチェーンは、世界的なCovid-19パンデミック規制の緩和をもたらした患者の減少を受け、同国経済は年内に回復基調を維持すると予想していると話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。