気象専門家は、サイクロン・イロイスによって引き起こされるとしている国内での強い雨を警告している。

気候変動気象局は、マダガスカルの東のインド洋で南国台風を検知し、1月17日に発生したことを伝えていた。
台風はマガダスカルへ向けて進行しており、993hPaとして勢力を強めていた。

これからイロイスはマダガスカルを越え、20日にモザンビーク海域に入るとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください