【マラウイニュース】サイクロン・アナで32人が死亡

Cyclone Ana kills 32 people in Malawi

2021年1月31日 | Nyasa Times

災害管理局の職員によると、壊滅的な豪雨と洪水により、少なくとも32人が死亡し、20人が行方不明になっているという。

先週から始まった洪水は熱帯性暴風雨アナによるものとされ、国内のいくつかの都市で大規模な停電を引き起こした。

災害管理局の統計によると、チクワワ県が死者、行方不明者、負傷者、私有地・公共財の被害などの面で最も大きな打撃を受けていることが明らかになった。

同局の統計によると、800,000人以上が被災している。

一方、気候変動・気象サービス局によると、現在天候は回復しており、来週の金曜日まで悪天候はないだろうとしている。

これに関連して、発電会社である電力発電公社(EGENCO)の作業員がテザニ取水ダムで遺体を発見している。

同社関係者によると、男性は50代とみられる。

EGENCOの広報担当者によると、この事態により、日曜日の午後に終了するはずだったゴミ撤去の完了が遅れているという。
広報担当者によると、警察と医療関係者が遺体を収容したという。

ラザルス・チャクウェラ大統領は、マラウイ南部で洪水の影響を受けたすべての県を災害地域と宣言している。

大統領府と内閣府が発表した声明によると、この宣言は熱帯性サイクロン「アナ」の惨状を受けたものである。
「これは、リロングウェの大統領官邸で大統領の手によって出された宣言に従って、2022年1月26日から施行されるものである。」と声明に書かれている。

一部の人々、特に高齢者、子供、妊婦は、ロウワー・シレのより高い安全な場所に移送されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です