【マラウイニュース】サイクロンが妊婦医療に悪影響

Cyclone affects maternal health

2021年2月7日 | THE NATION

日曜日の夕方、モニカ・ディミウェさん(36歳)は家族とともに小さな電池式ラジオを囲んで、夕方のニュースを聞いていた。

日中、マダガスカルに上陸したサイクロンが隣国のモザンビークを襲ったとの情報が村に流れた。

ンサンジェの伝統的自治体ムベンジェに住むデミウェさんは、「またサイクロンが来るかもしれないと思うと、怖くて仕方がなかった」と言う。
「私たちはサイクロン・イダイ、そして2019年のサイクロン・ケネスで同じ経験をしました。私たちはゼロからやりなおさなければなりませんでした。」

水が迫りくるのを見た

今にして思えば、デミウェはサイクロンの情報を最初に聞いたときに、家族を高台に移動させておけばよかったと思っている。

今となっては手遅れだった。
彼女の村から一番近い災害用避難所、ニャンベセ・キャンプは約5キロのところにある。ここはンサンジェにある18の避難キャンプのひとつで、避難民を匿っています。

同じ日の夕方、天候が急変した。
6時間近く降り続いた雨は、村全体を水浸しにした。サイクロン「アナ」が到来し、広範囲に破壊をもたらしたのだ。

「外を見ると、水位が上がっているのが見えたんです。妊娠6カ月のディミウェさんは、「外を見たら水位が上がっていて、安全な場所に移動しなければと思いました」と話します。
「夫に知らせると、すぐに子どもたちを連れてきてくれました。大雨に耐えながら夜通し歩いていくと、そこには同じく洪水から避難している多くの人々がいました。」

翌日、ディミウェさんと夫は、家から何か持ち出せないかと、再び自宅へと歩を進めた。しかし、その結果、彼らの不安は的中してしまった。

危険にさらされる女性や少女たち

家が建っていた場所は、瓦礫で埋め尽くされた水たまりになっていました。
食糧は失われ、家畜は流されていた。

「この破壊を目の当たりにして、洪水の水が引くまでニャンベゼ・キャンプが私たちの家になると思いました」と彼女は言う。

最新のンサンジェ省庁間評価報告書によると、36,070世帯、83,060人が被災した。
避難民は設備の整わないキャンプに滞在しており、特に妊婦には健康上のリスクがある。

「私はすべてを失いました」モニカは震える手で顔を包み込むように言う。
「医療パスポートさえも。今週、妊婦健診に行く予定だったのですが、保健所まで行くことができません。道路が悪く、まだ水浸しなのです」。

ンサンジェとチクワワへの道路でのアクセスは依然として困難です。
産後出血を防ぐのに重要なオキシトシンなどの救命薬も含め、それぞれの地区病院の薬局では医療用品の在庫が不足しています。

UNFPAの対応

UNFPAは保健省のリプロダクティブ・ヘルス局と協力して、安全な分娩を提供するための保健施設の能力に関する包括的な評価を促進しています。

その他の活動として、国連人口機関は、県病院の発電機の修理に取り組んでおり、ンサンジェとチクワワの被災コミュニティにリプロダクティブ・ヘルス・キットを配布することを計画しています。

「私たちは、緊急事態の間、ジェンダーに基づく暴力からの保護を含め、質の高いセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス・サービスの継続性を確保するために、あらゆる手段を講じるつもりです。UNFPAは、長期的な保健システムの強化と被災したコミュニティや個人、特に女性や女性の回復力に沿った復興を支援します。」とUNFPA代表のは伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です