【マラウイニュース】コーチ陣が最低賃金の実施を求める

Coaches want to enforce minimum wage

2022年4月9日 | THE NATION

全国サッカーコーチ協会(NFCA)は、いくつかのクラブからの抵抗を受けて、スーパーリーグのコーチのための月額最低賃金K745,000を強制することを目的として組織を支援するために弁護士と話し合いを行っている。

コーチ団体は2020年に最低賃金を導入したが、クラブからの厳しい抵抗に遭い、ニャサ・ビッグバレッツ、シルバーストライカーズ、シビルサービス(シボ)・ユナイテッドだけが命令を守っている状態である。

NFCA事務局長は、インタビューに答えて、この法律を執行するために弁護士を雇ったと述べている。
「来月末までに開催される年次総会(AGM)では、法律の専門家がアドバイスした内容がすべて公開され、強制執行が合法的に行われるようになります」と話している。

事務局長は、スーパーリーグの競技はコーチングレベルが高いため、ほとんどのコーチがそうであるように、メンバーが月末にK74万5,000の収入しか得られないのを見続けることはできないと述べた。

NFCAが最低賃金K745,000を設定したのは、近隣諸国のコーチがどの程度の賃金を得ているかを調べた結果だという。

エクウェンデニ・ハマーズのコーチは、コーチはNFCAが設定した最低賃金に値すると述べている。
「協会がコーチの福利厚生に十分な配慮をするために大胆な一歩を踏み出したことは良いことです。設定された最低額は実行可能なものであり、その遵守はチーム全体に徹底される必要がある。」と話している。

マラウイ・サッカー協会(FAM)は最低賃金を支持しているが、同協会の会長は、NFCAとクラブがこの基準に合意するよう求めている。
「コーチ協会は、雇用主であるクラブとこの基準について話し合い、納得してもらう必要があります。これは、コーチ協会が果たすことのできる重要な役割のひとつです」と伝えている。

しかし、最低賃金K745,000を守れないクラブは、その余裕がないと言っている。

エクウェンデニ・ハマーズの総書記は、「この件に関しては、率直に申し上げます。我々は監督にそのような金額を提供したいかもしれないが、問題は我々のサッカーの水準がそのような支出を正当化するものなのか、ということだ。それを守ることは、いくつかのステップを飛び越えることになる。私たちはまず、このスポーツに投資してくれる人たちから良い成果を得られるよう、ゲームを商業化する必要があります。そうでなければ、そんな余裕はないのです」と話している。

カロンガ・ユナイテッドの書記長によると、彼のチームにはスポンサーがいないという。
「クラブには健全な資金源がないのだから、そんなことはできない。重要なのは、まずクラブの財政を安定させることだ。そうでなければ、我々から監督にそれだけのものを提供するのは不当だ」としている。

マイティ・ワンダラーズ理事会の秘書は、この国のコーチの質は、そのようなパッケージを正当化するものではないと述べている。
「給料の相場は、資格などいくつかの考慮事項があります。私たちのコーチのほとんどは資格を持っていない、それはそんなに主張する非スターターである」彼は話している。

一方、モヤレ・バラックスFCの事務局長は、彼らのような機関投資家のクラブが、コーチ協会が定めたものを遵守することは困難であると述べている。なぜなら、彼らの技術者は、等級に基づいて支払われる政府給の下にあるからだという。
「この問題をどのように解決するか、適切な見直しが必要だ」と彼は伝えている。

マイティ・タイガースの事務局長は、クラブは財政難に陥っており、K745,000を支払うことを強要されるべきではないと述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。