【マラウイニュース】コンベザでM5道路が寸断

M5 road cut off at Khombedza

2021年2月15日 | Malawi 24

カパテンガから約15キロ離れたサリマのコンベザで、M5道路の一部が雨によって流された。

道路公社によると、現在、サリマ県とンコタコタ県を結ぶ連絡路はないという。

同局によると、同区間の復旧作業は、同地域で降り続く雨によって妨げられているという。
「一般市民は、ンコタコタに移動する際、M1 道路を使用してカスング-ンコタコタ(M18) 道路に合流するよう勧告されている」と 公社は伝えている。

このため、道路に交通標識が設置され、案内が行われている。

サリマでは過去4日間大雨が続き、洪水が発生し、家屋が損壊し、事業に支障をきたしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。