【マラウイニュース】コンゴ民主共和国の村に平和をもたらすマラウイ平和維持隊員

Malawian peacekeepers bring peace to village in DRC

2022年6月16日 | Malawi 24

マラウイの平和維持軍は2021年12月にコンゴ民主共和国(DRC)北キブのベニ町北東部に派遣され、ブウェレレ村の住民に平穏をもたらすことに成功している。

国連コンゴ民主共和国安定化ミッション(MONUSCO)は、マラウイの大隊がコンゴ民主共和国軍(FARDC)およびコンゴ国家警察(PNC)と共に、民間人の保護を確保するために自動車、歩行者、昼夜パトロールを行っていると、そのウェブサイト上で述べている。

こうしたマラウイ大隊の定期的なパトロールは、この地域の武装集団の活動に対する大きな抑止力となっている。

危険から逃れるために武装集団による収奪から逃れた市民が戻ってきており、徐々に農村や経済活動を再開している。
「私たちがここに配備されたとき、状況は悲惨なものでした。住民から見放され、ほとんどの地域が幽霊のような状態でした。私たちは、住民が自分たちを守ってくれていると確信するために、すぐに仕事に取りかからなければなりませんでした」とマラウイ平和維持軍A中隊の指揮官少佐は述べている。

新たに発見された平和を強固なものにするため、マラウィの平和維持軍は、特に「ウラフィキ」と呼ばれる週1回の会合で、定期的に住民のさまざまな層を同じテーブルに集め、彼らの環境に恒久的な平和の風土を確立するために、地域社会の参加の必要性について認識を高めている。

この会議は、FARDC、PNC、市民社会組織、伝統的指導者、地方政府当局が合同で開催している。また、すべての利害関係者の情報共有の場としても機能し、状況に対する共通の認識と、MONUSCO部隊による積極的かつ予防的な行動につながっている。
「MALBATTとして、私たちはこの問題が複雑で、軍事的な解決策以上のものを必要としていることを理解しています。そのため、私たちはすべてのステークホルダーを考慮に入れて、すべての視点が考慮されるようにします」と少佐は説明している。

マラウイ大隊はまた、平和維持軍の撤退後も達成された成果が持続するよう、地元の保護委員会と地元の治安部隊が持続可能な平和の実現に向け、より積極的に活動できるよう強化することにも取り組んでいる。
「私たちは和平が可能だと信じており、保護メカニズムを適応させることを検討しています。残虐行為にいつまでも対処するのではなく、私たちの責任範囲内で持続可能な平和を確保するつもりです」と、マラウイ大隊の司令官中佐は述べている。

マラウイ大隊は、南アフリカ(RSABATT)、タンザニア(TANZBATT)、マラウイ(MALBATT)の3大隊からなる強制介入旅団(FIB)の一部である。
FIBは、MONUSCOの任務の一環として、2013年からコンゴ民主共和国の北キヴ州に展開し、民間人(POC)の保護と武装集団の無力化を確実なものにしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。