【マラウイニュース】コロナ情報の氾濫は致命的

Covid-19 infodemic is deadly

2021年1月30日 | THE NATION

Covid-19が世界中に広まりつつある中、Covid-19に関する誤った情報も広まりつつある。不正確な健康アドバイスから欺瞞的なプロパガンダまで、Covid-19に関連する誤った情報、偽情報は速いスピードで世界中に広がり、人々の命を奪っている。

世界が危機に瀕している今、誰もがウイルスに打ち勝とうと必死になっているため、誤った医療情報に踊らされやすくなっている。

このような状況において、虚偽の情報は通常、釣り見出しによって特定のプラットフォームにおけるユーザーのページ閲覧を高めるために作成されており、公衆衛生のアドバイスを無視するよう人々を促したり、差別や暴力を助長したり、未検証の治療法の使用を提唱したりする場合には、生死に関わる問題になりえる。

多くのマラウイ国民は、正確な情報と偽の情報を区別することができず、特にインターネットを通じてそのようなニュースが広まった場合、世界の多くの国々と同様に、マラウイもCovid-19感染拡大だけでなく、ウイルスと同様に致命的な情報流出と戦う必要がある特殊な立場にあることに気づく。

このような誤った情報が、村に住んでいるからCovid-19に感染しても安全だと思わせ、都市部に住む人々がウイルスを拡散させていると非難されることが何度もあった。これがスティグマと差別につながる。

このインフォデミックによって、人々は未処方の薬を飲んだり、未検証の治療薬を過剰に使用したりするようになった。そのような薬の副作用は想像に難くない。
伝聞を事実として伝えることが簡単にできるようになった。

このような情報格差は、政府が積極的に情報を管理し、タイムリーで適切な情報を提供することに失敗していることが起因していると思われる。

Covid-19との戦いに勝つためには、ウイルスに焦点を当てるだけでなく、これまでのところ観られているように、情報格差の問題を放置すれば、パンデミックに打ち勝つための努力も頓挫してしまう。

行動変容に対する抵抗のほとんどは、多くのマラウイ人がCovid-19に関するタイムリーで正確な情報を持っていないからだと言っても間違いではないだろう。情報に通じていると思われる人たちでさえ、誤った医療アドバイスに引っかかっていることは、それほど珍しいことではない。

この時点で重要なのは、Covid-19の普及を遅らせるために多大な努力と注意が払われている一方で、急速に広がり続け、公衆衛生に深刻な問題をもたらしている誤報という別の世界的流行を見失ってはいけないということだ。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です