保健専門家が、今年マラウイでコレラの件数が減ったのは、コロナ対策によるものだと伝えている。
ほとんどの公共の場所で、衛生対策が厳しく取り入れられていることによるものだと言う。

2018年から2019年のコレラシーズンで、国内で26件のコレラの発生が確認され1人が死亡している。
2017年から2018年では、939件の発生と32人が死亡していた。

他の専門家からの指摘では、政府の導入した掃除運動が、国内のコレラ件数の減少に役立っているとも伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください