Covid worsens suicide—study

2021年10月17日 | THE NATION

最近の研究で、Covid-19での経済悪化がマラウイ男性の自殺件数を増加させていることがわかった。

今年のパンアフリカ・メディカル・ジャーナルに寄稿された研究によると、感染拡大を防ぐための昨年のロックダウンが経済活動を鈍化させ、国内の失業と労働に影響を与えることになっているという。

マラウイでの主に自殺に関連する社会人口統計学的な要因は、男性であること、21歳から39歳の間で、低教育で農村部に住んでいることだとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください