【マラウイニュース】ガス販売所をさらにオープン予定

More Gas selling points expected to open

2022年4月10日 | Malawi 24

マラウイエネルギー規制局(MERA)によると、多くの人が液化石油ガス(LPG)の小売事業に参加しており、国内各地にさらに多くの販売拠点が開設される見込みだとしている。

MERA広報は土曜日に記者団に対し、現在全国には3つの輸入業者と35のLPG小売店があるのみだと話している。消費の70%は国内ユーザーであり、30%は産業用であると付け加えている。

広報によると、MERAは輸送、保管、小売、卸売などの工程を含む販売拠点のライセンス価格を引き下げたので、多くの人がビジネスに参加するようになったという。
「私たちの目標は、どこに住んでいるかに関係なく、すべての人にガスが届くようにすることです。そうすることで、遠距離の問題も解決されると考えています。また、ガス料金はここ数年安定しているのも良い点です」と話している。

また、「ガスは環境問題に対応できるか」との質問には、「近代的で環境に優しいエネルギー源であり、幅広い用途に利用できる」と答えている。

しかし、「改善されてきているが、ガスに関する誤解は依然として大きな課題であり、人々にガスを知ってもらうためにもっとやるべきことがある」と広報担当者は苦言を呈している。

マラウイエネルギー規制局(MERA)は、ガソリン、軽油、灯油を含む液体燃料とガスの規制を担当している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です