Karonga mine workers urged to form union

2021年10月13日 | THE NATION

カロンガ県労働事務所職員がハラ炭鉱の労働者に、雇用者に良い労働環境を求めて交渉力を高めるために、労働者組合を設立するように求めた。

職員による呼びかけは、労働条件と安全コンプライアンス対策を確認するための視察時に行われており、この視察は、悪状況によって一つのトンネルが閉鎖することを通達された同様の視察の3週間後に行われていた。

ハラ鉱業のマネージャーは、当該トンネルが支持通りに閉鎖されていなかったことを認めたが、低賃金であることは否定し、最も低い賃金で月間K45,000だとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください