リロングウェのカムズ中央病院(KCH)が、試薬が無いことを理由に透析ユニットを停止させ、肝不全や肝臓に問題を抱える患者の命を危機にさらしている。

これにより、KCHに入院する37人の慢性肝臓疾患の患者が、KCH以外では唯一透析を受けることのできるブランタイヤのクィーン・エリザベス中央病院に移送された。

KCHのスポークスパーソンによると、当院では10機の透析器が利用できなくなり、患者を治療することができなくなったとのこと。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください