【マラウイニュース】カスング国立公園と周辺住民が「有益な」関係で自然動物犯罪を削減

Kasungu national park, communities reduce wildlife crimes in ‘beneficial’ partnership

2021年5月25日 | Nyasa Times

カスング国立公園のスタッフと周辺コミュニティの間の関係は、「とても心がこもっている」とされており、双方が喜び多くの利益を生み出し、両者がマラウイの「2番目に大きな」国立公園を保護している。

両者は村、地域自然資源委員会、コミュニティ実行ネットワーク、「協力管理合意」について言及しており、これらはカスング国立公園の保護の目的に団結を形成することを促しており、密猟、侵入件数、人と動物との衝突を削減につながっているという。

密猟は減少しており、これは公園内の動物の増加に象徴されている。この成功は、野生動物への犯罪が発生時や発生前に情報を提供するコミュニティ実行ネットワークによるものだと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です