Mera calls for patience on reduced global fuel price

2021年12月1日 | THE NATION

マラウイエネルギー規制局(Mera)が、現在の世界的な燃料価格の傾向が続くとした場合、価格の減少となるのに2022年1月まで消費者は待たなければならないと伝えた。

Meraによる声明は、世界的な原油価格の下落から行われており、新たなオミクロンCovid-19変異種が経済成長と世界の原油需要に打撃を与えるのではないかという懸念の中、3カ月ぶりの低価格で2020年4月以来となる1日で10%となる最大下落だった。

原油算出共同体であるオペックは、12月2日に会合を行うこととなっており、1月以降に1日40万バレルの増産する計画に移行するかどうかが発表される政策蹴ってが発表される可能性がある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください