【マラウイニュース】エネルギー大臣がンコタコタの21メガワットソーラー発電所建設を発表

Minister Kambala launches 21MW solar power plant project in Nkhotakota

2021年4月12日 | Nyasa Times

エネルギー大臣が、ンコタコタの21メガワット(MW)ソーラー太陽光発電所建設は、国内のエネルギーの許容量の増加と経済発展に寄与すると伝えている。

21MWの電力は、現存の400MWの国内発電量に追加されることになり、より多くの人に電気を届ける機会を増やすことになるという。

発電所の建設会社のディレクターによると、このプロジェクトは今年の12月に終わる予定となっており、4,000万米ドル(約K300億)かかり、大部分の費用はエネルギー・パフォーマンス・コントラクティングから拠出される。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。