【マラウイニュース】エチオピア航空がサービス評価最下位

Ethiopian Airlines rated worst for service

2022年6月11日 | Malawi 24

エチオピア航空は、黒人に対するカスタマーケアサービスが不十分であり、選択的であるとの指摘を受けている。

ツイッターユーザーは、アフリカの黒人、特に南部アフリカ出身の人々に対する同航空の扱いを問題視している。

この非難は、ある女性が、エチオピア航空が69歳の女性へのホテルのバウチャー提供を拒否したため、彼女の母親が空港ターミナルで寝ることを余儀なくされたとツイートしたことから始まっている。

その女性の母親は米国から来たが、マラウイへの乗り継ぎ便に乗り遅れた。
入国管理局は、ビザかホテルのバウチャーがなければ、アディスアベバのボレ国際空港から出られないと言ったが、エチオピア航空はその提供を拒否していた。
「昨夜、69歳の母は空港ターミナルで寝ることを余儀なくされました。シカゴからマラウイへの17時間の旅路の後、エチオピア空港の無慈悲なスタッフがホテルバウチャーの提供を拒否したんです。彼女はすぐにエチオピアスターライトホテルに部屋を予約し、入国管理局は空港ターミナルから出るには公式航空券が必要だと主張して、24時間のトランジットビザの発給を拒否しました。エチオピア航空は彼女の助けを求める声を無視し、ターミナルで寝るように言ったのです。母は疲れ切っていて、彼らに抵抗する気力はありませんでした。私は彼女の電話でボールの4人のエージェントと話し、誰もそれを解決する気がありませんでした」と女性の娘は伝えている。

彼女は、黒人、特に南部アフリカからの黒人旅行者に対する扱いがひどいので、この航空会社は二度と利用しないと付け加えている。
「この航空会社は恥ずかしく、見下したような態度であり、次のフライトを予約した後は、この品位のない、思いやりのない航空会社は絶対に利用しないことにする。我々はいつも冗談で、アフリカの空域を越えたら、エアバスからエアミニバスに変わると言っている。しかし、もう十分です。彼らはアフリカの旅行者をうんざりするほど見下している」と彼女は話している。

他のツイッターユーザーも、この航空会社を利用したときのひどい経験を語っている。

「この航空会社のおかげで、赤ん坊を連れてアディスで朝6時の乗り継ぎ便を待つのに7時間もかかった。隣のゲートに誘導された。 水道もトイレもない。売店も開いておらず、ドアに鍵がかかっていた。暑い中、ぎっしりの部屋の中で…ただ待った。10年前だが、それ以来一度も利用したことがない」@Octoberreadyは彼女に反応してツイートしている。

別のツイッターユーザーはこう言った。
「私はこの航空会社を利用したことがない。なぜなら、私が知っている人は皆、そのような恐ろしい物語を持っていたからだ。あなたのお母さんがそれを経験しなければならなかったのはとても残念だ。」

これらのツイートに対し、エチオピア航空は、乗客が受けた待遇は 「我々の敬意を顧客に与えるよう努力する高水準のサービスの例外」であると謝罪している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。