【マラウイニュース】エジェンコがマラウイの持続可能な発電の達成に動く

EGENCO moves to achieve sustainable power generation for Malawi

2021年7月27日 | Nyasa Times

不安定な電力供給の問題に対処するために、発電社(EGENCO)がサリマでの50メガワット太陽光発電所の開発に更なる準備を行っている。

EGENCOのスポークスパーソンによると、このプロジェクトは9月に開始され、2カ月間の実行可能性の検証を行い、10メガワットの簡易運転から開始して、今年の終わりまでに20メガワットへ拡張されることになるという。

あと2年以内に、合計で50メガワットの発電所が建設・稼働することになると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。