【マラウイニュース】エコノミストが中央銀行にデジタル通貨の脅威を警告

Economist cautions RBM on digital currency threat

2022年10月3日 | THE NATION

ある経済学者は、マラウイ中央銀行(RBM)にデジタル通貨導入の可能性を検討するよう求め、導入に失敗すれば税収減につながり、中央銀行を無用な存在にしてしまうと警告している。

彼は、金曜日にリロングウェで開催されたRBM金融政策会議でのプレゼンテーションで、この課題を概説している。

中央銀行デジタル通貨というタイトルで発表している。
「マラウイ・クワチャのデジタル化の時期はまだか?」

マラウイ大学経済学部准教授は、デジタル通貨の地元での取引が予想以上に多く、RBMが電子通貨を導入しない場合、深刻な事態になる可能性があると述べている。
「ブロックチェーンを通じてボタンをクリックするだけで決済ができるため、物理的なものは必要ありません。そのため、決済は普遍化されるでしょう。私たちが気づく前に、輸入は暗号通貨で支払われ、いくつかの国内貿易も暗号通貨で締結されるでしょう。税収が失われる可能性があるため、これは重要なことです。」と伝えている。

准教授は、暗号通貨が普遍化されたシステムであるため、マラウイ歳入庁(MRA)が一部の取引をコントロールできない可能性があると述べている。
「人々が暗号通貨で取引する場合、MRAは税金を徴収するのに問題があるかもしれないということです。そのような問題があるため、歳入の損失が発生する可能性が高い。これらの潜在的な課題のために、国はRBMによってデジタル通貨が発行される可能性を検討する必要があります。」と話している。

RBMを無意味にすることについて、准教授は人々が民間で発行された暗号通貨を使い続けるなら、経済は、RBMがどんな取引にも役に立たないお金を発行しているかもしれない地点にやってくる可能性があると伝えている。
「その場合、お金はデジタル通貨という形で他の誰かによって発行されているため、中央銀行は無関係になったことが分かるでしょう」と彼は述べている。

一方、RBMの総裁は、インタビューの中で、中央銀行は、2日間の会議で提出されたすべての提案を検討し、その一部を政策の方向性の一部として検討する予定であると述べている。
「政策を転換する必要がある場合は、そうする。政策を修正する必要がある場合は、そうするつもりだ」と話している。

「2020年代の金融政策」をテーマに開催された今回の会議では、金融・為替政策の役割、金融政策の近代化、中央銀行のデジタル通貨国家が中心に議論されている。

デジタル通貨は、主にデジタルコンピュータシステム上、特にインターネット上で管理、保管、交換される貨幣的資産である。
通貨は、インターネット上の分散型データベースや、企業や銀行が所有する集中型電子計算機データベースに記録されることもある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください