IMF mission says inflation rising but Malawi economy rebounding

2021年11月8日 | Nyasa Times

マラウイ政府とその他の関係者らと2021年第4条協議の会議を行っている、国際通貨基金(IMF)派遣団が、マラウイの経済は回復のきざしを見せており、日別のコロナ陽性者数は比較的低い状態だが、回復は緩やかだと伝えた。

しかしIMFは、マラウイは人道的問題、債務継続性の回復、財務的対外緩衝に直ちに対応しなければならず、それらは開発パートナーの支援が重要だとしている。

IMFによると、2021年の実質GDP成長率は、豊作のお陰で2020年の0.9%から2.2%へ増加することが予想されており、インフレ率は、燃料、肥料、食糧価格の上昇によって、2020年の8.6%から2021年の9%へ到達することが予想されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください