【マラウイニュース】イロヴォがローワー・シレの医療サービスのために1,000パイントの最新型血液バンクに投資

Illovo invests in state-of-the-art 1,000 pints blood bank for Lower Shire health services

2022年3月3日 | Nyasa Times

マラウイ輸血サービス(MBTS)から、ローワー・シレの医療サービスのための血液収集を強化してほしいという要請に応え、イロヴォ・シュガー・マラウイ社は1,000パイントの容量を持つ最新式の血液バンクを寄贈した。

公式発表は水曜日にチクワワのンチャロにあるセント・モンフォート病院で行われましたが、血液バンクはローワー・シレの両県、チクワワとンサンジェに対応するため、ンガブ・ンガブ農村病院に集中的に配置される予定となっている。

これでンサンジェとチクワワの2つの県病院、セント・モントフォート、トリニティ、ンガブ農村とカレンバ・ミッション病院への血液部門へのアクセスを増加させることとなる。

贈呈式で、イロヴォ・シュガー・マラウイのマネージングディレクターは、社会全体が「『ウムントゥ』の精神が、直面しているすべての課題を克服する唯一の方法となる時代に生きている」と述べている。

彼は、南アフリカの精神的指導者である故デズモンド・ツツ氏の言葉を引用し、「ウムントゥ」とは「正義と相互扶助のあるコミュニティを構築し維持するために、思いやり、互恵性、尊厳、人間性と相互性を表現するアフリカ文化の能力」であると話している。
「これはイロヴォの目的の核心であり、私たちは手頃な価格の食料とエネルギーの提供を通じて、繁栄するマラウィのコミュニティを作ることを目的とした努力を展開し続けています。しかし、私たちの役割は、単に製品やサービスを提供するだけではなく、地域社会、健康、教育、その他の社会福祉の問題に対して受動的な役割を果たす余裕がないのだと理解しています。資金を必要とする多くの優先事項のために、政府はすべての公共サービスをタイムリーに提供する立場にない可能性があることを念頭に置いています。そのため、マラウイ輸血サービスから血液バンク用冷蔵庫の提供の要請を受けたとき、私たちは躊躇することなく支援に乗り出しました。私は血液へのアクセスに関する医学的な意味について多くを語ることはできませんが、私はそれが迅速に多くの状況で血液を提供することが重要であることをわかっています。血液は生命に不可欠であり、それが容易に利用できることや輸血は命を救います。」と伝えている。

彼は、マラウイでは年間12万ユニットの血液が必要であり、輸血を必要とするすべての患者に十分なアクセスを確保するために安全な保管が必要であることを認識し、「しかし十分ではない」とその役割を果たすことを望んでいる。

MBTSのCEOは、イロヴォが「非常に迅速な方法」で支援の呼びかけに応じたことを称賛し、製糖会社が「企業の社会的責任とは何かを示す良い例となり、多くの組織がそれに続くと信じています」と話している。
私たちが「包括的に豊かで自立した国家」に向かって決意をもって前進するMW2063を実現するためには、このような種類のパートナーシップが必要だとしている。
彼女は、MBTSが全国に広がる90以上の病院(中央、地方、農村、CHAM病院)に血液を供給しており、「輸血を実施する認可を受けている」と強調している。
「MBTSは、ブランタイヤ、リロングウェ、ムズズ、バラカにある4つのセンターを通じて、病院に血液を供給しています。病院は、MBTSのセンターから血液を収集する必要があります。このことは、遠隔地にある病院にとって深刻な問題であり、血液を入手することが困難になっています。このように血液へのアクセスが制限されているため、病院は患者のために親族や友人に献血を依頼することになりますが、このシステムには多くの課題があり、血液の安全性が損なわれる可能性があります。」と話している。

彼女は、血液へのアクセスを向上させるために、「MBTSは、遠隔地の病院への血液のアクセスを改善することを目的としたプログラムに着手しました」と付け加えている。
「このプログラムでは、周辺にいくつかの病院がある県病院に血液バンクの冷蔵庫を設置し、遠隔地の病院とMBTSのセンターとの間の距離を実質的に縮めることを目的としています。MBTSはすでにカロンガ県病院に血液バンク冷蔵庫を設置し、ルンピ県を含む周辺の病院がMBTSからの血液ユニットにアクセスできるようにしていますし、さらにカスング県病院にも血液バンク冷蔵庫を設置しようとしています。」と伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です