Expert warns Chakwera against unilateral decision to send Malawi soldier to battle Islamist insurgents | Nyasa Times

2020年11月29日 | Nyasa Times

モザンビークのイスラム反乱民と戦うために、マラウイ守備軍(MDF)兵士を送る決定を南アフリカ地域国(Sadc)の協力なしに行うことに対して、国際関係の専門家がラザルス・チャクウェラ大統領に警告をした。

反乱軍と戦うためにカポ・デルガドにマラウイ軍を送ると、先週ボツワナでのSADCトロイカ会議でラザルス・チャクウェラ大統領がメディアに語った。

この専門家によると、マラウイはイスラム反乱民アンサ・アル・スンナへの新たな戦場を与える可能性があり、諜報部が国内にスリーパーセルの存在を既に伝えているので、この問題を無視していると危険にさらされることにもなる、としています。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください