【マラウイニュース】イスラエルで初のマラウイ人が危険なコロナ変異種で陽性

First Malawian tests positive for dangerous Covid-19 variant in Israel

2021年11月26日 | Malawi 24

マラウイからイスラエルへ渡った渡航者が、南アフリカで初めて発見されたコロナ変異種の陽性者となった。
この渡航者はイスラエルで陽性となっており、イスラエル国内初の、この危険なコロナ変異種の陽性例をなった。

南アフリカ共和国は、木曜にこの懸念される新しい変異種を特定しており、ヨハネスブルグ周辺の南アフリカの経済ハブでの感染増加から発見されている。約22件の新変異種がこれまで南アフリカで記録されているとニューヨークタイムズは伝えている。

これにより、イギリスは南アフリカ共和国、ボツワナ、エスワティニ、レソト、ナミビア、ジンバブエからの渡航者の入国を禁止し、イスラエルとシンガポールも南アフリカからの渡航を禁止している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。