ラザルス・チャクウェラ大統領がCovid-19感染拡大で眠れない夜を過ごしている中、新たな頭痛の種が大統領政府を悩ませている。アルビノを持つ人への殺人が再浮上している。

2021年1月27日に報告された最新のマンゴチでのアルビノ殺人事件では、ゾンバで販売が行われていた。

マラウイ人権委員会(MHRC)は、マラウイが他国と同様にCovid-19感染拡大との戦いに入ったタイミングでこの事件が起きており、個人の平和と安全、生きる権利を含むアルビノの人権と基本的自由について懸念を示している。


close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください