【マラウイニュース】アメリカ関税局がマラウイのタバコへの強制労働での輸入禁止を修正

U.S. customs agency modifies forced labor ban on Malawi tobacco

2021年5月25日 | Reuters

アメリカ税関国境取締局が月曜に、強制労働を理由としたマラウイからのタバコ輸入の禁止を修正したと伝えた。これにより、規定外の労働を使用しないか、ほぼ使用していない小規模農家によって収獲されたタバコを使用しているマラウイ・プレミアム・タバコ社(PTML)からの輸入が許されることとなる。

この動きはさらに、マラウイのタバコは強制労働と強制児童労働を使用して生産されているという情報に基づいて、マラウイからのすべてのタバコ製品の輸入を禁止した2019年保留解放令の修正となる。

小規模農家の生産者グループのタバコは、強制労働や強制児童労働を使用して栽培、収穫されていないというPTMLの主張を十分に支持する証拠が評価によって提出されているとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。