【マラウイニュース】アフリカネイションズカップでマラウイ代表9人がコロナ陽性

Covid hits Flames Camp at AFCON 2022 as 9 tests positive

2021年1月9日 | Nyasa Times

サッカーマラウイ代表チームの少なくとも9人が、カメルーンのヤオウンデでコロナウイルスの陽性反応を示した。
マラウイ・サッカー協会(FAM)は、アフリカネイションズカップ(AFCON)の開催を数時間後に控えていることを明かしている。
協会はアフリカサッカー連盟(CAF)の2021年AFCONの試合前のルールに従っており、代表選手と関係者は、チームの試合開始48時間前の土曜日にCovid-19のPCRテストを受けていた。

FAMは声明の中で、6人の選手とテクニカルスタッフ3名が陽性となり、欠場することになったとつ伝えている。
「残念ながら、選手6名、関係者3名の代表団の9名のメンバーが、コロナ陽性反応が出ており、隔離されることになっている。したがって、自動的に初戦を欠場することになる。」という声明を発表した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。