【マラウイニュース】アフリカの83%が未だコロナワクチン未接種 – WHO

83% of Africans yet to receive COVID-19 vaccine – WHO

2022年4月1日 | Face of Malawi

世界保健機関(WHO)によると、世界人口の3分の1はまだCOVID-19ワクチンを1度も接種しておらず、その中にはアフリカ人全体の83%という衝撃的な数字が含まれている。

WHO事務局長は声明で「これは私にとって受け入れがたいことであり、誰にとっても受け入れがたいことです」と述べている。

「命の価値に優劣があるのだろうか?」

彼は、WHOが将来のウイルスの脅威に対処するために、「流行と大流行の可能性」を持つ致死的な病原体のゲノム監視を拡大する新しい戦略を立ち上げていると伝えている。

COVID-19は、現在600万人以上の命を奪い、4億8300万人以上が感染しているという。

また、国連保健機関がCOVID-19のための戦略的準備・準備・対応計画の更新を発表したとも伝えている。
「これはCOVID-19のための3回目の戦略計画であり、最後のものになるかもしれないし、そうすべきです」と話し、今年のパンデミックの展開について3つの可能性のあるシナリオを示している。
「最も可能性の高いシナリオは、ウイルスは進化を続けるが、ワクチン接種や感染による免疫力の上昇に伴い、引き起こす病気の重症度が時間とともに減少する 、というものです。免疫力の低下に伴い、定期的に患者数や死亡者数が急増する可能性があり、脆弱な人々に対して定期的な増強が必要になるかもしれません。最良のシナリオでは、より重症度の低い亜種が出現し、ブースターや新しい処方のワクチンは必要なくなるかもしれません」と話している。

しかし、最悪のシナリオでは、遅かれ早かれ、より強毒で感染力の強い亜種が出現し、この新しい脅威に対して、事前のワクチン接種や感染による人々の重症化や死亡に対する防御力が「急速に低下する」と警告している。

事務局長によると、この状況に対処するには、現在のワクチンを大幅に変更し、重症化しやすい人たちに確実に届ける必要があるという。

さらに、公平なワクチン接種が、命を救うために世界が自由に使える唯一で最も強力な手段であることに変わりはないと述べている。
「パンデミックを抑制するためには、医療従事者や高齢者などリスクの高いグループを優先して、すべての国の人口の70%にワクチンを接種する努力が不可欠であることに変わりはありません」と伝えている。

アフガニスタンでは今年、2400万人以上が人道支援を必要とし、彼らは避難民、干ばつ、食糧難と栄養失調、COVID-19、その他多くの健康上の問題に直面しているという。

また、女性や少女は特に、保健サービスへのアクセスや教育へのアクセスの欠如から危険にさらされており、先週の女子中学・高校開設の後退を「非常に困ったことだ」と表現している。

エチオピア北部で激化する紛争のために生命と基本的な医療が危険にさらされている何百万人もの人々に対して、事務局長は先週、重要な援助を受け入れるためにティグレの指導者と政府軍の間でこの地域の人道的休戦を宣言したことを歓迎している。

また、電気、通信、銀行、医療などの公共サービスの迅速な復旧につながることを期待している。
「しかし、停戦の発表から1週間が過ぎたが、ティグレにはまだ何の食料も入ってきていない」と話している。
「餓死者が出ている状況では、1時間1時間の違いがある。12月中旬から食料が届かず、昨年8月からは燃料もほとんど届いていない。エリトリアとエチオピアの軍隊がティグレの600万人を500日以上にわたって包囲したことは、現代史の中でも最長のもののひとつである。

「COVID-19の大流行から、ウクライナ、アフガニスタン、エチオピアなど、これらすべての緊急事態に対するWHOの対応を持続するには、寄付者の寛大さが必要です」とも述べている。

WHOの2022年世界保健緊急アピールのもと、「世界中の命を救い、苦しみを軽減するために」27億ドルが必要であると指摘している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です