【マラウイニュース】アフリカで5年ぶりマラウイでポリオを記録

Malawi detects polio, first wild case in Africa in over 5 years

2021年2月18日 | Reuters

世界保健機関(WHO)によると、マラウイの保健当局は、首都リロングウェの幼児からポリオが検出されたことを受け、ポリオの発生を宣言した。
アフリカでは5年以上ぶりに野生型ポリオウイルスが検出されたことになります。

WHOは声明の中で、実験室の分析により、マラウイで検出された株は現在も流行しているパキスタンで発生している株と関連があることがわかったと伝えている。
「パキスタンからの輸入例であるため、今回の検出は、アフリカ地域の野生ポリオウイルス非認証状態に影響しない」とWHOは伝えている。

世界ポリオ撲滅推進計画によると、アフリカ南部の国では、昨年11月に3歳の女児が麻痺を発症していたという。

南アフリカの国立感染症研究所と米国疾病対策センターが2月に実施したウイルスの塩基配列解析により、1型野生ポリオウイルス(WPV1)であることが確認されている。

世界ポリオ撲滅推進計画は、「パキスタンとアフガニスタンという世界に残る2つの常在国以外でWPV1が検出されたことは深刻な懸念であり、ポリオ予防接種活動を優先させることの重要性を強調している」と話している。

WHOは、アフリカ大陸はポリオの監視レベルが高いため、迅速な対応を開始することができるとしている。
「アフリカにおける野生ポリオウイルスの最後の症例は2016年にナイジェリア北部で確認され、世界的には2021年にわずか5例しかありませんでした。野生ポリオウイルスのいかなる事例も重要な出来事であり、我々はあらゆるリソースを動員して同国の対応をサポートする」とWHOアフリカ地域事務所のポリオコーディネーターは話している。

WHOによると、ポリオは神経系に侵入し、数時間で全身が麻痺する感染力の強い病気で、ポリオを治療する方法はありませんが、ワクチンを投与することで予防することができると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です