【マラウイニュース】さらに20万人以上が飢餓に直面

200 000 more face hunger

2021年12月29日 | THE NATION

多くの人が1月から3月の間に飢餓に直面すると予想されており、11月から12月の間の140万人から20万人増加し160万人に増加したことが新たな調査でわかった。

マラウイ脆弱性評価委員会(Mvac)による統合食糧保障フェーズ分類(IPC)報告によると、この飢餓は、バラカ、リロングウェ、カスング県での食糧の不安定な人口の増加によるもので、8月の前回の分析での18万749人から最新の分析での33万7,630人となった。

農業シンクタンクであるMwAPATA研究所のエグゼクティブディレクターは、マラウイに直面している最も大きな問題は、灌漑への投資のような先進的な変化をもたらす根本的な決定を行えていないことだと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です