【マラウイニュース】「遺書作成は金持ちだけの話ではない」- マラウイ政府

“Will writing not for the rich only”-Malawi Govt

2022年4月19日 | Maravi Post

マラウイ政府は、遺言書作成は多くの人が考えるようなお金持ちだけのものではなく、社会のすべての人に必要なものであることを明らかにした。

これは、マラウイで財産強奪の事件が続いていることを受けて発言されている。

マラヴィ・ポストの取材に応じた国土交通省の主席は、国内で増加している土地収奪事件は、遺言がなければ対処できない、と述べている。

また、首席は、故人の財産、遺言、相続、保護に関する法律は、夫または妻が亡くなった場合に財産をどのように分配すべきかについて非常に明確であることを明らかにした。

そのため、子供や親戚など残された人のために、常に遺言書を作成するよう促している。

これまでの報道では、同国の高官たちが外国人投資家や政治家と怪しげな取引をして、正式な手続きを踏まずに土地を取得し、巨額の資金を懐に入れていたことが明らかになっている。

また、マラウイでは土地に関する法律が弱いため、社会から疎外された人々(女性や子供)が土地収奪事件の直接的な犠牲者になっていることも報告されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です