【マラウイニュース】「医療品在庫の水準は70%」

‘Drug stocks levels at 70%’

2022年6月16日 | THE NATION

保健大臣は、政府が全国の医療施設に必要な必須薬品の70%を保有していると述べている。

彼女は、昨日リロングウェで、情報・デジタル化大臣と共に、第75回世界保健総会の成果、国内の新たな保健問題、保健分野のインフラ整備について記者会見し、このように述べている。

保健大臣は「特にマラウイでは多くの人が医療サービスを受けるために長い距離を歩いていることを考えると、医療施設に行き、支援を受けずに帰ってくることはないでしょう。」と述べている。

薬物盗用に対する警告として、大臣は、省はすでに薬物盗用について医療従事者を啓発しており、薬物盗用に関与する者を捕らえるために秘密カメラを設置する予定であると伝えている。

彼女はまた、5月22日から28日までスイスのジュネーブで開催された第75回世界保健総会に出席し、マラウイ代表団が様々なパートナーとの会議前やサイドミーティングを数多く開催したことを報告している。

大臣は、マラウイはその後、世界的な製薬会社であるファイザーと契約を結び、利益ゼロで抗がん剤を供給することになったと述べている。

インフラプロジェクトについては、ラザルス・チャクウェラ大統領が近々、全国55箇所のヘルスポストの建設プロジェクトを立ち上げると話している。
「多くのヘルスセンターが完成し、間もなく政府は8つのヘルスセンターを建設する新しいプロジェクトに着手します」と大臣は伝えている。

また、現在の保健施設プロジェクトのうち、パロンベは使用可能であり、ンポネラ・コミュニティ病院は35%、ドマシ病院は70%の完成度である、と述べている。

保健大臣によると、同省は、カスング、ムズズ、マンゴチ、リロングウェのブワイラに4つの酸素プラントを設置するために、公共調達・資産処分(PPDA)から承認を得ている。
「私たちは、Covid-19治療のために酸素を供給する必要に迫られていたので、私たち自身の酸素プラントを持ち、必要が生じたときに再び迫られることがないようにしたいのです」と彼女は話している。

一方、保健活動家は、保健システムの再構築が必要であり、より多くの人々が通う地域病院や保健センターにもっと注意を払うべきだと話している。
「彼女の発言から、私は、ヘルスポストの建設、ファイザーとの覚書の締結、パンデミックの問題など、多くの重要な分野を確認しました」と述べている。

この活動家は、政府は、予防に重点を置いた地域医療や一次医療にもっと投資する必要があると伝えている。

また、同省は、必須医薬品が医療施設に十分に供給され、医薬品が盗用から保護されることを保証すべきであると話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です