【マラウイニュース】SDGsの成功を後押しできないGDP成長率

GDP growth fails to push SDGs success

2022年7月26日 | THE NATION

マラウイは、2030年までに達成すべき国連の持続可能な開発目標(SGDs)を実現するために、望ましい国内総生産(GDP)成長率の達成に苦心している。

これは、2022年6月に国家計画委員会が、国連機関の技術的・財政的支援を受け、財務経済省と連携して調整した自主的国家レビュー(VNR)によると、次のように述べられている。

VNRによると、2016年のSDGs実施以降、マラウイの経済成長率は平均3.5%で、SDGsの目標である7%を2.5%ポイント下回っていることがわかった。

VNRの一部によると「2021年、経済は回復し、3.9%の成長を遂げました。この上昇は、Covid-19の予防措置が緩和されたことを受けたものです。その結果、経済活動の再開により、鉱業・採石業、宿泊・飲食サービス、運輸、卸売・小売、健康、農業、電気・水道・ガス、製造など、ほとんどの経済活動で成長が促進されました。」とある。

レビューによると、2022年には成長率が上向き、4.1%に達すると予想されていますが、これはSDGsの目標である7%にはまだ及んでいない。

開発経済学者は、マラウイが2030年までに中所得国の地位を獲得するためには、毎年6%の成長を記録することが必要であると主張している。

財務経済大臣は、VNRに付随する声明の中で、マラウイは最も貧しく周縁化された人々にも恩恵を与える包括的な方法で、2030年までに中所得国の地位を達成することを確実にするために、「包括的富の創出と自立」の課題を追求している、と述べている。

彼は、Covid-19のパンデミックによる社会経済的影響が、この軌道に悪影響を及ぼしていると伝えている。
「Covid-19の大流行は、労働市場に大きな影響を及ぼしました。ピーク時には、労働人口の約9%が働くのをやめました。家族経営の小規模な企業では、2020年3月以降、売上高が減少したと報告されています。さらに、サービス業では88%の企業が売上収入が減少したか、またはゼロになったと報告しました。VNRでは、ほとんどのマラウイ人、特に若者は、雇用を生み出す能力のある強力な産業がないこと、そして汚職により、十分でない個人が仕事を得ることになり、雇用機会の欠如を嘆いていました。」と話している。

最近、国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、主にロシア・ウクライナ戦争によって引き起こされた世界経済の混乱を理由に、2022年のマラウイの成長予測をそれぞれ2.7パーセントと2.1パーセントに引き下げている。

IMFは、ウクライナの戦争が費用のかかる人道的危機を引き起こしている一方で、紛争による経済的ダメージが2022年の世界経済の大幅な減速の一因となるだろうと述べている。

一方、世界銀行は、マラウイは柔軟な為替レート管理、財政再建、債務の持続可能性などの改革パッケージを通じて、短期的な経済安定を回復できると伝えている。

同銀行のカントリーマネジャーによると、提案されたポリシーミックスは市場に信頼感を与え、民間部門の反応を引き出すことができるという。

彼は、より多様な経済がレジリエンスを生み出すが、短期的にはターゲットを絞った持続可能なセーフティネットが困難な時期を通じて家計資産を保護することができると述べている。

2022/23年度国家予算は、実質GDPが2022年に4.1%、2023年に4.0%成長し、会計年度中の平均インフレ率が9.1%になるという前提で策定されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください