マラウイ綿農家協会は、約10,000の農家が、ローン不足とCovid-19感染拡大を引き金とする昨年の不況を理由に、今シーズンの綿生産を諦めたと伝えている。

Covid-19ロックダウン施策が国際的に市場を閉鎖したために、昨シーズン農家らは市場での取引に苦しんでいた。その結果、織物産業は縮小し、生産が止まっている。

約98%の国内の綿は国際市場に輸出されており、Covid-19の感染拡大によって、織物業者らは市場から引き上げることを余儀なくされた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください