【マラウイニュース】380万人以上のマラウイ国民が飢餓に直面

Over 3.8 Million Malawians Face Hunger

2022年9月17日 | Malawi Voice

災害管理局(Dodma)によると、今年11月から来年3月までのリーンシーズンには、380万人のマラウイ人が飢餓に直面するという。

リロングウェで行われた記者会見で、Dodmaの長官は、昨年末から今年初めにかけて国を襲った様々な自然災害が食糧不足の原因であると述べている。
「マラウイ脆弱性評価委員会(Mvac)が実施した飢餓状況報告書によると、今年11月から来年3月までの間に、国内で合計380万人が飢餓に直面することが明らかになりました。主に、昨年の乾季、昨年末から今年初めにかけて国中を襲った洪水やサイクロンが食糧不足の原因となっています」と長官は伝えている。

しかし長官は、380万人が食糧不足に直面しているにもかかわらず、政府は、飢餓の影響を受けているすべての人々を支援するために、すでに約700億ユーロを調達し、対応策を見いだしていると述べている。
「政府と他の開発パートナーは、国内の食糧状況を監視し、現金とメイズを提供することで食糧不足を補う対応策を策定していることをここに明記しておきます。私たちが開発した対応策では、食糧不足に直面している人々は、一世帯あたり毎月K25,000の現金給付を受ける機会を得ます」と長官は話している。

長官はまた、他の人々が現金給付の恩恵を受ける一方で、他の人々は毎月一世帯あたり50キログラムのメイズを与えられると伝えている。

気象局長は、同じ記者会見で、昨年から今年初めにかけて経験したのとほぼ同様の降雨パターンに備えるべきであると伝えている。
「通常雨から大雨になることが予想され、農家は農作業の計画をきちんと立てるように警告を発しています」と述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください