【マラウイニュース】380万人のマラウイ人が深刻な食糧不足に直面している

3.8 million Malawians face acute food insecurity

2022年8月10日 | Nyasa Times

約380万人のマラウイ人が、今後数ヶ月の間に深刻な食糧不足に直面するという調査報告書が発表された。

統合的な食糧不安の段階的分類報告書は、このことを明らかにし、国内のほぼすべての28の県が深刻な食糧不安を記録していると付け加えている。

このことは、食料消費の格差を減らすために、生活を守るための緊急の行動が必要であることを伝えている。
「長期的には、680万人が災害リスク軽減と生活保護のための行動を必要とする。2022年10月と2023年3月に、人口の20パーセントが深刻な食糧不安に直面し、状況が悪化する可能性があり、現在の期間より7パーセント増加する。」としている。

これは、この時期が収獲の少ない季節と重なり、多くの人々が食料を使い果たし始めるという季節的要因に起因するものである。

今年6月、アフリカン・リスク・キャパシティ・グループとアフリカ開発銀行は、マラウイ政府に1420万ドルを支払い、干ばつ復旧保険を提供している。

ラザルス・チャクウェラ大統領は、マラウイには十分な食料があると繰り返し述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください