【マラウイニュース】2022年世界の最貧国

Poorest Countries in the World 2022

2022年8月5日 | Global Finance

世界の最貧国は、内戦や民族・宗派間の争いに苦しみ、そこにCOVID-19が登場し、悪い状況をさらに悪化させてしまった。

世界には、全人類が基本的な生活水準を享受するのに十分な富と資源があります。
しかし、ブルンジ、南スーダン、中央アフリカ共和国のような世界最貧国の人々は、絶望的な貧困の中で生活している。
アフガニスタン、シリア、レバノンなど、最貧国という好ましくない称号を持つ国々は、長年にわたる軍事、社会、政治の混乱により、信頼できる経済指標がないため、いかなる評価も不可能である。

しかし、ある国が他の国と比べてどれだけ貧しいか、あるいは裕福かを測るにはどうしたらよいのだろうか。
一人当たりのGDPが標準的な指標とされることが多いが、生活費やインフレ率の違いを補正することで、購買力平価(PPP)がどの国でも個人の購買力をより適切に評価することができる。

長期的な貧困の原因を1つに絞ることは難しい。
独裁的で腐敗した政府は、非常に豊かな国を貧しい国にしてしまうことがある。
また、搾取的な植民地化の歴史、法の支配の弱さ、戦争や社会不安、厳しい気候条件、敵対的で攻撃的な隣人も同様である。
経済学者がしばしば貧困の「サイクル」に言及するのはそのためです。例えば、借金を抱えている国は良い学校を作る余裕がなく、教育水準の低い労働力は問題を解決したり、外国からの投資を呼び込む条件を整えたりする能力が低くなる。

世界中の恵まれない家庭が、コロナウイルスの大流行によって最悪の社会的・経済的影響を受けたことは言うまでもない。
非正規雇用の割合が高い国々では、ロックダウンは失業に拍車をかけ、そうした労働者の多くが突然収入を失った。
ウイルスに関連した医療費は、すべての地域で何億人もの人々を貧困に追いやったり、さらに追いやったりした。
パンデミックはまた、以前からあった男女間の職業の違いを悪化させ、多くの女性をより一層貧困に追い込みました。
そして、すでに述べたように、戸締まりや学校の閉鎖は、何百万人もの子どもたちの将来の展望にも長い影を落とすと予想されています。
世界銀行は、低・中所得国の現在の学生世代は、生涯獲得額で17兆ドルの損失を被るだろうと予測しています。

Covid-19以前、世界人口のうち1日1.90ドル以下で暮らす極貧層の割合は、1990年の35%以上から10%以下に低下していた。IMFは、2021年末までにさらに1億5千万人が極貧層に入ると推定している。

そして、ウクライナ戦争が事態をさらに悪化させ、主食の急激な価格上昇と幅広い供給不足を引き起こし、世界中の特に貧しい家庭を苦しめています。
IMFのチーフエコノミスト兼調査部長は、昨年4月の経済見通し報告書の序文で、「今回の危機は、世界経済が回復基調にありながらCOVID-19の大流行からまだ完全に回復しておらず、先進国と新興国・途上国の経済回復に大きな隔たりがある中で発生した」と書いています。

最悪のシナリオが現実のものとなったのかもしれない。
そのわずか3カ月後、世界経済の成長を下方修正し、インフレ予測を上方修正した前回の報告書の更新版で、IMFは食糧危機が劇的に悪化していると警告したのである。
「消費に占める食料の割合が高い低所得国は、このインフレの影響を最も強く感じている。食料が消費に占める割合が大きい低所得国が、このインフレの影響を最も強く感じている。食生活が価格上昇の大きい商品(特に小麦とトウモロコシ)に傾いている国、食料輸入への依存度が高い国、世界の主食価格から地域の主食価格に大きな影響を与える国が最も苦境に立たされている」

特にサハラ以南のアフリカでは、戦争前から国民が急性栄養失調や過剰死亡を経験していた低所得国が、特に深刻な影響を受けている。
一方、IMFの姉妹機関である世界銀行は、食料価格が1%ポイント上昇するごとに、世界で1000万人以上の人々が極貧状態に陥ると試算している。

こうした貧困削減の利得の逆転は、特に世界の最貧国10カ国において顕著であり、IMFが示唆するように、そのすべてがアフリカに存在するのである。
これらの国々では、国内総生産に占める個人の割合は平均しておよそ1,350ドルである。
対照的に、最も豊かな上位10カ国では、この数字は10万ドル近くにもなる。

このうち3カ国はサヘル地域の一部であり、持続的な干ばつが食糧不足とそれに伴う医療・社会問題を引き起こしている。
そのうち5カ国は内陸国であり、物資の輸出入において海上貿易が可能な国々と比べてかなり不利な状況にある。また、すべての国が政情不安や選挙、民族・宗教間の争いを経験している。

世界最貧国10カ国

  1. Burundi 856
  2. South Sudan 928
  3. Central African Republic 1,102
  4. Democratic Republic of the Congo 1,316
  5. Somalia 1,322
  6. Niger 1,435
  7. Mozambique 1,439
  8. Malawi 1,603
  9. Chad 1,705
  10. Madagascar 1,778

数値はGDP-PPP($)

8.マラウイ

アフリカの小国の一つであるマラウイは、近年、経済成長の改善と重要な構造改革の実施に成功しました。
しかし、依然として貧困が蔓延し、天水栽培に依存する経済構造は、天候に左右されやすい。
その結果、都市部の生活水準はおおむね向上しているものの、農村部の食糧不安は極めて深刻です。

マラウイは1964年に英国から独立して以来、安定した政権が続く、おおむね平和な国です。
しかし、世論調査の結果が問題視されることは決して異常なことではありません。
2020年、同国の憲法裁判所は、前年の総選挙でピーター・ムタリカ前大統領が獲得した投票結果を、票の改ざんを理由に無効とした。
神学者であり政治家でもあるラザルス・チャクウェラ氏は、「すべての人を繁栄させる 」ようなリーダーシップを発揮したいと宣言し、後継者として就任した。
しかし、パンデミックによってその計画は頓挫し、2020年のGDPは前年の5.4%から0.9%に落ち込み、その後も緩やかにしか回復していない。
その間に、前年比インフレ率は約20%に上昇した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください