【マラウイニュース】200人以上の癌患者が海外での専門的治療のために待機

Over 200 cancer patients on waiting list for specialized treatment abroad

2022年11月15日 | Nyasa Times

保健大臣は、リロングウェの国立がんセンターがまだ完成していないため、約200人のがん患者が海外での専門的治療のための待機者になっていると述べている。

同施設の建設は2018年に始まっている。

大臣は月曜日に国会で、センターがまだ完成していないと述べ、これが人々が放射線治療サービスのためにまだ国外に行っている理由であると伝えている。

彼女は、国外に患者を紹介することが外為を消耗していると述ベている。

同大臣によると、治療のために患者を国外に送るために、1年に200万USドルが使われているという。

現在400人以上の患者が国外での治療を待っており、癌患者がそのリストの半分を占めていると述べている。

しかし、彼女は、同省が今年末までに癌センターを完全に機能させるようにすると話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください