【マラウイニュース】食糧危機の刑務所

Prisons in food crisis

2022年10月17日 | THE NATION

マラウイ刑務所サービス(MPS)は、契約業者からの不安定な供給により、国内の刑務所の食糧が不足していることを認めている。

昨日の電話インタビューで、MPSのスポークスマンは、契約サプライヤーが当初の合意よりも高い金額を要求しているため、食料品、特にメイズの供給に消極的であると述べている。
「彼ら(供給者)の言い分は、現在のメイズの価格が上がっているので、もっと欲しいということです。彼らは値上げを要求しているが、我々が提示した金額を見ると、現在の価格から大きくかけ離れてはいない。」 と話している。

メイズは、50キログラム袋あたりK22000で販売されており、国産品トレーダーである農業開発マーケティング公社の閉鎖前のK17000から30%上昇している。

同国の刑務所が食糧不足に直面するのは今回が初めてではない。
今年3月には、統合財務管理情報システム(Ifmis)を通じて資金調達ができなかったため、刑務所の食料が不足していた。

それ以来、食糧危機は囚人が空腹でベッドに入るという結果を招き、一部の施設では囚人が豆で生き延びている。

特に、抗レトロウイルス治療(ART)や結核の投薬を受けていて、適切な食事が必要な受刑者がいる刑務所では、状況はさらに悪化している。

スポークスマンは、一部の刑務所が悲惨な状況にあることを認めながらも、MPSが一部の施設で食料を配給し、囚人が毎日食料にアクセスできるように、相手と共有していることを伝えている。

また、公共調達・資産処分庁の助言により、MPSは食糧供給契約の再委託を行い、いくつかのサプライヤーが興味を示しているという。

スポークスマンによると、MPSはまた、状況を緩和するために、メイズの供給を支援するためにAdmarcと交渉しているという。
「我々は、事業所が必要とする量についての情報を送るように言われ、提出しました」と彼は話している。

この状況を利用しようとする契約サプライヤーを非難する一方で、課題があろうとも、MPSは政府から資金を受け取り続けていると述ベている。

昨日、別のインタビューに応じた人権・教育・助言・援助センター事務局長は、囚人が政府に全面的に依存している社会的弱者であることを考えると、この状況は不幸なことであると述べている。

彼はまた、食料品の供給が不安定な理由について、MPSが負債を返済しないことが原因だとスポークスマンと意見が異なっている。

事務局長は、資金調達が不安定で、昨年は、統合財務管理情報システムの問題で、MPSがサプライヤーへの支払いができなかったと伝えている。
「ARTや結核の治療を受けている囚人の中には、食事がなければ薬を飲むことができない人もいます。だから、現状は彼らにとって死刑宣告に等しい。もし、食事が原因で薬を飲めなくなったら、薬に対する耐性ができ、命を落とすことになるかもしれません。国として非常に懸念すべきことであり、今すぐ行動を起こす必要があるのです。もし、当局がこの問題に満足しているのであれば、それは人権に価値がないことを意味する」と事務局長は話している。

MPSの記録によると、国内の刑務所人口は1万1千人から1万3千人の間で変動している。

北部地域にはチティパ、カロンガ、ムズズ、ンカタベイ、ムジンバ、ルンピに、中部地域にはカスング、ンチシ、リロングウェ、デッザ、ンコタコタに刑務所がある。

東部地域には、ンチェウ、マンゴチ、ドマシ、ゾンバ中央刑務所、ミクユ刑務所、ムピュピュの各刑務所がある。

南部では、ムワンザ、ルワニ、チクワワ、ムランジェ、チョロ、ブンブウェ、ブランタイヤ、バングラ、ンサンジェ、マカンデがある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください