【マラウイニュース】電力公社が長引く停電は悪天候の「曇り」のせいと発表

ESCOM blames prolonged loadshedding on adverse “cloudy” weather conditions

2022年1月24日 | Nyasa Times

南部地域では連日豪雨が発生しており、テザニ発電所とンクラ発電所では発電に支障をきたしているため、電力供給不足による停電の長期化が予想されている。

ESCOMの発表によると、本日1月23日午前7時30分より、悪天候のため、主要な電力供給会社であるEGENCOと太陽光発電の供給会社が影響を受け、電力供給不足が増加しているとのことである。
「大雨のため、テザニとンクラの発電所にゴミがたまり、機械の出力が低下しています。さらに、曇り空のため、太陽光発電の出力が低くなっています。その結果、システムを保護するために、顧客は公表された時間の外に負荷停止を経験することになります。」と伝えている。

電力サービスプロバイダーは、状況を監視し、それに応じて顧客に報告することを保証し、供給上の問題が引き起こすいかなる不便にも遺憾の意を表明している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください