【マラウイニュース】錆びた鉄の釘を誤って踏んでしまった時にすぐ行う2つのこと

If You Mistakenly Step On A Rusted Iron Nail, Please Do These 2 Things Immediately

2023年1月23日 | Face of Malawi

足の裏は、釘で刺されやすい部分です。

その結果、数日間、歩いたり立ったりすることが困難になる可能性があります。

傷には、患者自身が処置できるものと、医師の診察が必要なものがあります。

大工は、先の尖った鉄の釘を使って、木片をつなぎ合わせますし、飲み込む以外の方法でも、釘による被害が発生しています。

錆びた鉄の釘の上を歩いて足を失い、感染症の治療を受けないという選択をされた方もいます。

また、負傷した足に対して適切な注射や投薬を行わなかったために、感染症による足の痛みや灼熱感が生じる人もいます。

傷口を治療する前には必ず手を洗う必要がありますが、感染症の発生が懸念される場合は特に肝心です。

必要以上に力を加えると、不快感や出血を悪化させる可能性があるため、出血を抑え、凝固を促進させるためには、少し圧力を加えることが最も効果的です。

優しく圧迫することは、出血を止め、凝固を早めるために最も効果的な方法です。

錆びた鉄の釘に備えましょう。

出血を止める

鉄の釘は、足から出血する原因になります。

出血を即座に止めます。

さらに、爪がはがれることよる足の感染症も予防できるかもしれません。

万が一、錆びた釘につまづいて出血した場合は、足を洗ってください。

足を洗わないと破傷風の原因となる微生物が体内に入ってくる可能性があります。

破傷風

患部の足にコットンを貼ること。

次に、近くの病院で破傷風ワクチンの接種を受けます。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください