【マラウイニュース】通貨切り下げは必要悪であったと財務大臣

Devaluation was a necessary evil, says Finance minister

2022年7月24日 | Nyasa Times

財務大臣は、2ヶ月前のクワチャの25%切り下げは、国の経済を崩壊から救ったと述べている。

彼は、クワチャの切り下げがなければ、国は2012年に経験したのと同様の燃料危機に陥っていたかもしれないと述べている。
「我々は決断しなければならなかった。そうでなければ、マラウイ中央銀行は、Nocma(マラウイ国営石油会社)の燃料購入を支援するために現地市場から為替を購入することができなかったでしょう。切り下げは、国を燃料危機に陥れるよりはましだったのです」と、彼は伝えている。

大臣の発言は、社会的現金給付のパッケージと受益者を増やすためにK1,930億を借り入れようとするマラウイ生活再建社会支援への追加融資に関する法案についての議会での議論の中で飛び出している。

民主進歩党の議員は、法案の提出が遅かったため、必需品の価格上昇につながった切り下げの影響を受けるだろうとの見解を示している。

法案は可決されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください