【マラウイニュース】貧困削減のための2030年目標が脅かされる

2030 target to cut poverty under threat

2022年10月7日 | THE NATION

マラウイをはじめとするサハラ以南のアフリカ諸国が、2030年までに極度の貧困レベルを3%以下に削減するためには、毎年9%の経済成長率が必要とされている。

昨日発表された世界銀行の「貧困と繁栄の共有」レポートによると、マラウイは歳入を増やし、支出を減らし、債務危機を脱すれば、この偉業を達成することができるとされている。

報告書の内容は以下の通りとなっている。
「シミュレーションの結果、2030年までに3%の目標を達成するためには、すべての国が2023年から年間9%の成長をする必要があることがわかりました。パンデミック前の10年間、一人当たりの国内総生産(GDP)平均成長率が1.2%だったサハラ以南のアフリカにとって、2010年から2019年にかけて、過去の成長率の約8倍の成長率を達成することになります。」としている。

報告書は、過去2年間に経験したCovid-19と熱帯低気圧の重複する危機が、各国のリスクプロファイルを上昇させたと観ている。

6日、経済学者と開発専門家が別々のインタビューで、貧困を半減させるための経済転換の目標は、マラウィの経済が混乱しているため、大きな呼び水となると述べている。

マラウイ・カトリック大学経済学部長は、汚職、非効率的な政策、消費のための多額の借入金、生産における非効率性により、マラウイでは貧困が永続化し続けるだろうと話している。
「国が毎年9%成長するために、産業が生産するためには、原材料を購入するための外貨が必要です。電気が必要だが、停電が続いている。交通網も整備されていなければならないが、ディーゼルがない。といった具合だ。では、どうすれば地場産業が発展し、富を生み出すことができるのか?」と話している。

開発専門家でマラウイ・エコノミック・ジャスティス・ネットワークのプログラム・マネージャーは、6日、マラウイの貧困対策は貧弱なガバナンスによって損なわれていると伝えている。
「私たちの夢を実現するはずの国家機関の機能に問題があるのです。以前は、マラウイは生産することができたのですから。以前は、マラウイは生産することができたので、輸入の必要性もなかったのです。そのため、貧困との戦いに勝利することができないのです」と話している。

財務・経済大臣は、執務に拘束されているため質問に答えることができないと述べている。

しかし、The Nationとの最近のインタビューで、彼は、マラウイは、貧困を減らすために経済の様々なセクターで建設的なSDGs関連の投資を可能にするために、従来の融資手段を超えて、より多くの民間部門の関与、非譲許的融資、その他の融資手段を開発空間に含めるために意図的に努力を行ってきたと伝えている。

世界銀行の報告書は、7月に発表された持続可能な開発目標の実施に関する別の報告書でも、マラウイが貧困の撲滅と富の分配における不平等の縮小という目標の達成に苦戦していることが明らかになったことを受けて発表されたものである。

17の目標のうち、マラウイは2030年までに極度の貧困を撲滅するためにほとんど、あるいは全く進展していないと報告されている。

貧困は現在、1日1.90ドル、または約K2,500以下で生活している人々として測定されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください