【マラウイニュース】経済的な男女格差が縮小

Economic gender gap narrows, says report

2022年8月25日 | THE NATION

世界経済フォーラム(WEF)の報告書によると、マラウイにおける女性の経済参加は過去1年間で改善され、16位上昇したとのデータが出ている。

WEFの2022年世界男女格差報告書によると、マラウイは146の経済国のうち2021年の104位から現在88位にランクインしている。

これは、マラウイの女性が収入を得る機会が、この1年間でわずかに改善されたことを意味している。

一方、ジェンダーギャップも今年縮小し、2022年WEFグローバル・ジェンダーギャップ・インデックスでは、146の経済圏のうち2021年の112位から103位に9ランクアップしている。

グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポートは、経済参加と機会、教育達成、健康と生存、政治的エンパワーメントの4つのテーマ別次元におけるジェンダー・パリティに向けた進捗について146カ国をベンチマークしている。

報告書の一部によると、「12カ国が1ポイント以上逆転し、46カ国が1ポイント未満の減少にとどまりました。アルジェリア、マラウイ、ベナンなど、ジェンダーギャップを縮めて改善した国もある。」としている。

報告書に付随する声明の中で、WEF専務理事は、記録された勢いとガードゲインを維持するためには、ジェンダーに配慮した回復戦略が重要になるだろうと述べている。
「過去数十年の間に、より多くの女性が有給労働に従事し、産業界で指導的立場に立つようになってきましたが、対処すべき逆風は続いています。多くの産業で指導的立場にある女性の割合が増え、高等教育への参加も増え、専門的・技術的役割も回復していることは、励みになり、今後の努力の基礎になるかもしれません」と理事は述べている。

アナリストによると、このような男女格差の改善は、全体的な所得収入の向上を意味し、それによって国の発展を促進することができる。

マラウイ大学経済学部准教授は、火曜日のインタビューで、ジェンダーギャップを解消することによって、国は有意義な発展を遂げることができると話している。

一方、国連開発計画と国連環境計画による最近の報告書でも、農業分野における女性の生産性アウトプットにおけるマラウイのジェンダーギャップは1億1千万ドル(K約803億)に上ると推定されている。

2015年、国連(UN)ウィメンは、農業分野におけるジェンダーギャップの拡大により、マラウイは毎年約K600億の損失を被っていると推定している。

しかし、ジェンダーギャップを解消することで、この国の農作物生産は7.3%以上増加し、農業の国内総生産(GDP)を9000万ドル(約930億円)増加させることができると、国連のデータは示している。

海外開発研究所は、「気候変動への適応と回復力の構築」プログラムの一環として開発された2021年7月の「マラウイにおけるジェンダー平等、社会的包摂と回復力」の中で、28パーセントと推定されるジェンダーギャップを解消すれば、国のGDPを1億ドル(約K1030億)、その農業GDPを9000万ドル増加させると述べている。

論文の一部によると「女性も男性も一緒になって作物を育てるかもしれませんが、労働の成果が売れると、女性はその結果得られる現金に対して最小限の影響力しか持たない傾向があり、女性は自分の努力から何らかの利益が得られるとは思えないため、換金作物の生産に従事することを思いとどまるかもしれません。それでも、女性を対象とした気候スマート農業プログラムを推進することは、農業生産性におけるジェンダーギャップを解消するのに役立つ。」としている。

マラウイにおけるジェンダー平等と社会的包摂(Promoting Sustainable Partnerships for Empowered Resilience Programme)の最近の分析によると、女性は農業労働力の70%を占め、農産物の80%を生産していることが分かっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください