【マラウイニュース】発展への映像制作

Making films for development

2022年9月10日 | THE NATION

パロンベ県、ミケシ山のふもとにチリンガ・トレーディング・センターがある。
ここは、老若男女がさまざまなビジネスで生計を立てようとする喧騒の場である。

先週、10人の若い起業家たちが、この活気ある田舎町の喧騒を離れて、1週間の映画製作のトレーニングに参加しました。
このトレーニングは、マラウイ大学(Unima)の美術・舞台芸術学部が中心となって実施されました。

伝統的自治体ナゾンベのリグウィリグウィディ村に住むモーゼス・カリンデは、ビデオグラファー兼フォトグラファーで、映画制作の正式な訓練を受けていない。
「ビデオ撮影の技術を向上させるために、このトレーニングに参加することにしました」とトレーニングの最後に語ってくれました。

カリンデさん以外の参加者も、映画制作の予備知識はなかった。グロリア・マティチさん(17歳)は、カメラを操作するのは初めてだという。
「ビデオ撮影の知識はまったくありませんでした。カメラの操作方法を学んで、卒業したらプロの映画監督になりたいと思ったんです」

しかし、研修の最後には、全員が自分のストーリーを伝えるビデオ・ドキュメンタリーを制作することができました。

参加者は、コンセプトから完成まで、映画制作の全プロセスを学びました。カメラの設定や操作、撮影、ドキュメンタリーの脚本作成、映像収集、被験者へのインタビュー、編集などのスキルが身に付きました。

1週間の厳しい実地研修の後、参加者は2つのグループに分けられ、それぞれ好きなドキュメンタリーを制作し、その技術を試すよう依頼されました。

1つのグループは、この地域のカンジェッツァ灌漑スキームの農民のサクセスストーリーを記録し、もう1つのグループは、一般的な社会経済的課題を克服している若者を称えるものであった。
「若者の多くが仕事や資金繰りに苦労していることは知っています。しかし、努力と回復力でこうした経済的苦境を克服できる人たちがいることを、コインの裏表で示したかったのです」と、後者のドキュメンタリーを監督したダイソン・ダブワ(27歳)は語っています。

Unimaのドラマの准教授であるムフナンジ・マガラシは、このトレーニングは、スキルと知識をもってコミュニティに働きかけるという大学の任務の一部であると述べました。
「私たちは大学として知識や技術を生み出しているのですから、これは重要なことです。そして、これは大学の壁を越えて共有されなければならないのです。」と述べました。

マガラシ氏は、映画が開発における強力なツールであることに気づき、コミュニティと映画制作の実験をすることに決めたと言いました。
「映画は非常に興味深いメディアであり、特に開発における映画はそうです。というのも、あらゆるレベルの誰もがアクセスできるものだからです。ご存知のように、この国には非識字の問題があります。6年前、私たちは65%の識字率について話していましたが、これはマラウイ人の35%がまだ読み書きができないことを意味しています。映画というメディアを使い、現地の言葉を使うことで、映像によるコミュニケーションが可能になるのです」

このトレーニングのファシリテーターの一人であるスティーブ・カンポンダは、開発における映画は、声なき人々、特に若者や少女、女性といった弱い立場の人々に声を与え、彼ら自身が表現できるようにするために使われるのだと述べました。
カンポンダ氏は、プラン・マラウイの開発コミュニケーション・スペシャリストであり、ユニマで修士課程に在籍しています。
「商業的な映画製作は、商業的な目的のために現実や空想の物語を作りますが、開発における映画製作は、商業的な目的のために現実や空想の物語を作るのとは違う」と彼は言います。
しかし、開発の映画では、映画は人々自身によって作られなければならないというのが主な考え方です。
「ストーリーや物語を作り、その映画がどのように作られるかを決めるのは、力のない人々なのです。草の根の人々が、自分たちの間で開発を伝え、他の人々にアピールするためのツールとして映画を利用できるようにすることが、より重要なのです。」

ムフナンジ氏は、コミュニティが自分たちの物語を作ることは、開発を伝えるという点では正しい方向への一歩であると同意しています。
「開発が始まったとき、あるいは開発について話し始めたとき、私たちは専門家を、すべてを提供する人として見ていました。なぜなら、私たちが理解している地域の問題は、コミュニティが理解している問題ではないからです」

しかし、コミュニティがビデオを撮り続けるためのカメラを持っていないかもしれないのに、こうしたプロジェクトは持続可能なのでしょうか。
「私たちは、できる限り機材にこだわっています。最近では、携帯電話の話もあります。コミュニティはこの携帯電話を使って、自分たちのストーリーを伝えるためのビデオ映像や音声を集めることができるのです。開発パートナーも、適切な機材を使って、このような取り組みをサポートすることができます」とカンポンダ氏は言います。

今のところ、ミケシ山の麓にあるチリンガの若者たちは、ユニマ社の参加型映画制作イニシアティブのおかげで、長い間瓶詰めされていた物語を語っています。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください