【マラウイニュース】燃えるチャンセラー・カレッジ:授業はもういらない

CHANCO ON FIRE: No more classes

2022年10月27日 | Malawi Voice

チャンセラー・カレッジの学生は、アカデミックカレンダーが変更されるまで、明日の金曜日から授業を行わないことを全員一致で決議した。

木曜日の夜、学生たちは総会を開いていた。

学生たちは総会の後すぐに暴動を起こしている。
彼らは大学に入るすべての道路に火をつけ、石を盛っている。

学生たちのデモは朝6時に再開され、学事日程が変更されるまで止むことはない。

学生たちは、学期が変わるたびに最長で5、6カ月も家にいることになるカレンダーに抗議しているのである。
4年制大学を卒業するには7年かかるので、このカレンダーは学生にも親にも負担がかかるとしている。

ソーシャルメディアに流れた彼らの決議の中で、学生たちは学期カレンダーを「後退的、非道、反感的、不合理」と表現している。

この悪名高い決定は、副学長と副学長代理の政権によって下されたものである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください