【マラウイニュース】為替不足:カステル社がマラウイ・ジンの生産を一時停止

Forex shortage: Castel suspends production of Malawi Gin

2022年10月7日 | Malawi 24

カステル社は、国内での為替不足により、マラウイ・ジン、プレミア・ブランデー、マラウイ・ウォッカの生産を停止している。

同社は本日、声明でこのことを発表した。
「カステル・マラウイは、現在、国内での外国為替不足が続いているため、スピリッツの生産を一時的に停止しています。この事業は、現在、これらの愛されているスピリッツ・ブランドの供給を維持するための包装資材の持ち込みに失敗しています」と声明の一部を引用している。

カステルによると、蒸留酒は高い税がかかるため、価格が上昇し、状況はさらに悪化しているという。
「一時的な生産停止は、現在の環境下では唯一の決断である」と述べている。

同社はその後、製品の生産を再開するためのより良い条件が整った時点で、常連の顧客に通知するとしている。

カステル社は蒸留酒の他に、クチェクチェやカールスバーグなどのビールも生産している。

数週間前、同社はクワチャの切り下げを理由に製品の値上げを行っている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください