【マラウイニュース】洪水被災者のための心の応急処置

Mental first aid for flood survivors

2022年10月11日 | THE NATION

1月にマラウイ南部を襲った熱帯低気圧「アナ」の影響で、アルヴィネシ・ダイモニさんは足が凍りつき、命の危険にさらされました。

6年前、彼女はチクワワ県のチンビア川で水を汲んでいるときに、左腕を食いちぎったワニと激しく闘った。
「私のゴツゴツした腕には、消えない傷跡が残っています」と彼女は言う。「最近、ワニが出没する川が決壊し、ンコンベジに合流したとき、辛い記憶が脳裏をよぎりました」

鉄砲水でマツカンビヤ村の人々は四方八方へ逃げ出したが、老女は「足も動かせない」という。

70歳のダイモニは、ンチャロのサトウキビ農園の近くにある低地の村を覆う棘のある茂みに奇跡的に発見された。
「3日間、私の家や他の多くの家を瓦礫に変え、作物や動物、家財道具を押し流す雨の中で一夜を過ごしました」と彼女は語ります。

ダイモニは、翌朝、低地に残された子どもや老人、妊婦、障がい者を引き取りに来た青年たちに助けられた。

捜索・救助隊を率いたアブラハム・カンベワはこう振り返る。「ンチャロ・キャンプで4人の孫と再会したとき、おばあさんはまったく恐怖で言葉を失っていました。彼女は一言もしゃべらず、同僚と交わることもなかった。彼女はとても内向的で、自分が経験したことを理解していないように見えた」。

ダイモニは5月、この悲劇に対処するためにカウンセリングを受け、鬱積した感情を解放した。
「カウンセラーに相談するまでは、自分を見捨てた人たちと一緒に生活するのは不安でした。私を助けてくれた若い人たち以外は、誰も信用できなかったのです」と語る。

洪水に巻き込まれたダイモニは、孫の身を案じていました。
「生きているのか死んでいるのかわからない状態でした」

洪水で制服や本、ペンなどの必需品を失った子どもたちは、2週間も学校に通うことができず、喜びは絶望に変わりました。

さらに、セケニ小学校の教室には、避難してきた被災者たちが住んでいたのです。
「誰かと話すことで、心の中にある恐怖を共有することができました」とダイモニさんは説明します。

このカウンセリングは、チクワワ県社会福祉事務所とのパートナーシップのもと、ユニセフを通じて英国外務連邦開発省が資金提供したメンタルヘルスと心理的サポートに関するトレーニングの後に行われました。

この心理的応急処置のトレーニングは、Covid-19の大流行の中、サイクロン・アナとゴンベが引き起こした惨状に対応するために行われたものです。
参加者は、地域の児童保護官、保健員、警察、地域被害者支援部隊のメンバーなどです。

ダイモニは次のように説明します。
「ほとんどの組織は、食料、毛布、バケツ、石鹸などをキャンプに運んできましたが、私たちの精神的な問題や喪失感を和らげるものはあまりありませんでしたから、この支援は時宜を得たものでした。私たちにとって、混雑したキャンプでの生活は決して楽なものではありませんでした。洪水の直前まで、私たちは自分の家で平和に、快適に暮らしていました。しかし、家も食べ物もプライバシーも、あっという間にすべてを失ってしまったのです」

児童保護官のライサン・マンガサンジャは、ダミアーノと彼女の隣人約1500人が6ヶ月間暮らしたNchaloを含む、砂糖生産地域の23の避難キャンプを訪れました。

彼の活動は、子どもたちや高齢者を含む弱者たちの苦しみを軽減するのに役立ちました。

マンガサンジャはこう説明します。
「洪水は壊滅的で、ちょうどCovid-19が多くの人々の生活を破壊していた時でした。世界が終わると思った人もいたかもしれません。そのため、心理社会的応急処置のトレーニングは、私たち社会的保護従事者が、喪失感が彼らの精神的幸福に影響を及ぼしているときに、希望のメッセージを被災者に届けるのに役立ちました」と彼は言います。

マンガサンジャは、政府とそのパートナーに、メンタルヘルス支援を国の災害対応に統合するよう求めています。

被災者の精神的な健康は、身体的な必要性に劣らず重要であると彼は考えています。

「彼らのほとんどは、食料援助やその他の救援物資を受け取ることに感謝していましたが、さらに探りを入れると、彼らの隠れた悩みを聞き、痒くないところを掻くことなく、彼らの課題に対処することができました。」

チクワワ県議会は、今後の人道危機への対応において、メンタルヘルスと心理社会的支援を組み込むことを約束しています。

サイクロン「アナ」によりチクワワで37900人が被災し、117 490世帯が家を失った。

この暴風雨により、全国で100万人近くが被災し、19万人が避難したと防災担当部局が報告している。46人の死亡と18人の行方不明が確認された。

マンガサンジャは次のように述べました。
「4月に開催された訓練で、一部の被災者が帰国し、再建を開始したことに感謝しています。悲劇が起こる前に必要だったのですが、遅いよりはましです。大災害が起こったとき、私たちは何の準備もなく、手薄な状態でしたが、トレーニングのおかげでチームとして活動することができました。」

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください