【マラウイニュース】水道公社が値上げを検討

Water boards eye tariff hike

2022年1月17日 | THE NATION

同国の5つの水道公社は、2023年4月1日から15~40%の関税引き上げを推進しているが、水道衛生大臣は、コレラの状況が判断材料になると述べている。

5つの水道公社の代表者は、水・衛生省の招きで、土曜日にドーワ県ムポネラで天然資源に関する国会委員会に出席し、需要に応えるために直面している課題について説明している。

16日のインタビューで、委員長はこの会議を確認し、各委員会が料金の値上げに失敗すれば、状況はさらに悪化すると述べている。

彼は、水道公社が運営コストを満たし、マラウイ国民に改善されたサービスを提供するために、今すぐ料金の引き上げを行う必要があると述べている。

5つの水道公社とは、北部地域水道公社(NRWB)、中部地域水道公社(CRWB)、リロングウェ水道公社(LWB)、ブランタイヤ水道公社(BWB)、南部地域水道公社(SRWB)である。

委員長は、「我々は土曜日に彼らに会い、新会計年度が実施され始める4月1日(2023年)までに、これを実施すべきだという彼らの勧告に同意した。実際、クワチャの25%切り下げ(2022年5月)により、彼らの勧告はさらに長期にわたるものとなっています。水道料金の値上げをこれ以上遅らせても、水道局のサービスが影響を受けている以上、何の解決にもならない。」と話している。

彼は、BWBとCRWBは平均40%を提案し、SRWBは35%を提案していると述べている。
一方、LWBは平均25%、NRWBは平均15%を要求している。

しかし、大臣は16日のインタビューで、コレラの状況が緩和されたときのみ、料金の値上げを実施することを主張している。
「コレラの現状では、水の値段を上げることはできません。命にかかわることです。コレラが発生し、人々が水のために苦労している限り、料金の値上げなどできるわけがないのです。」と伝えている。

コレラはこれまでに全28県で発生し、825人以上が死亡、24884人が感染している。

大臣は、会議のことは知っているが、ラザルス・チャクウェラ大統領は、コレラ危機の最中に水道料金の調整を許可することはないだろうと述べている。

しかし、委員長は、この増額がコレラ対策に影響するという政府の主張は、まだ人々が清潔で飲用可能な水にアクセスできていない地域に拡大するために資金が必要であり、資金がなければできないことだと主張している。

彼は、提案された料金体系でも、水道局は赤字で運営されているため、運営コストを回収することはできないと述べている。
「実施日は4月1日ですが、もしこの新しい数字が実施されなければ、水道公社はいずれ店を閉め、コレラの状況は悪化するでしょう」と委員長は述べている。

マラウイ水利組合事務局長からはコメントを得ることができなかったが、以前のインタビューでは、公共事業者は悲惨な状況で運営され続けていると述べている。
「現在の水道料金は、完全なコスト回収を下回っています。さらに悪いことに、水道局は各省庁から多額の借金を負っている。費用回収型の料金体系が必要だ。これによって、水道局は運営維持費、債務返済、資産更新を行うことができるようになる。」と伝えている。

水道公社は、昨年度約230億キロワットの未払い水道料金に加え、無収水により年間K300億の損失を出し、膨大な電気代と生産コストの上昇に直面している。

しかし、大臣は、政府は運営上の圧力を緩和するために、このような負債を回収する方法を検討していると述べている。

水道法(1995年)第35条によると、水道公社は、メーターで計測した水量の供給、メーターのレンタル、その他のサービスの提供に対して、合理的な期間内に大臣が承認した水道料金を設定しなければならない。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください