【マラウイニュース】民間団体がチャクウェラ大統領にAIP肥料の価格引き下げを要請

CDEDI calls on Chakwera to reduce price of AIP fertilizer

2022年11月18日 | Malawi 24

Centre for Democracy and Economic Development Initiatives (CDEDI) は、ラザルス・チャクウェラ大統領は、マラウイ国民がK15,000ではなくK7,500で肥料を購入できるようにすべきであると述べている。

政府は、寄付された52,000トンの肥料の混合と輸送になんとK400億を費やすと伝えているおり、肥料寄付に関する事柄を説明する際に、当局が一貫していないことから、この呼びかけが行われている。
また、農業大臣は、政府は肥料1袋あたりK5万を負担していると主張している。

CDEDIの事務局長は、記者会見で、チャクウェラ大統領が、50キログラムの肥料袋をK4,500以下で販売するという選挙公約を破ったことが明らかになり、同団体が立ち上がることになったと話している。
「実際、私たちのビデオクリップには、バージニア・カリファレと名乗る老女が、この安価な肥料という約束を盾に、チャクワラ大統領に投票することを誓っています。K4,500の肥料を買えない人たちに対して、K4,500を買えない人たちに、チャクウェラ大統領は、実際に無料の肥料を約束したのです。さて、そのような人々の経済状況が改善され、AIP(Affordable Input Programme)の肥料にK15,000を負担する余裕ができたという証拠があるのでしょうか?今日、バージニア・カリファレは、K4,500の肥料を買うことを望んでチャクワラ大統領に投票した何百万人ものマラウイ人の代表です」と事務局長は話している。

彼は、AIPタスクフォースから、今年は補助金付き肥料のためにK15,000を負担することが期待されていると聞き、そのような人々は人生のショックを受けている、と付け加えている。

彼は、大統領と彼のトンセ同盟政権の行動は、マラウイが直面している現在の経済的課題を考えると、完全な裏切り以外の何ものでもないと述べている。

事務局長は、世界的な経済不況やウクライナの戦時中の話を拒否するよう全ての農村に要求している。
彼は、現政権がその無能と無知を隠すために利用しているもので、国民の福祉を第一に考える指導者が、国民を救済する仕組みを作り上げているところがあるからだと話している。
「しかし、ここでは言い訳ばかりだ。もし、指導者が国民が直面している問題について言い訳をするならば、誰が国民に解決策を与えるのでしょうか?このように、マラウイ国民が、優秀でない指導者に投票した代償を払っていることは明らかです」と彼は話している。

彼は、チャクウェラ大統領が管理している財源には、肥料や最貧困層のための食糧を除けば、他の何に使うお金もない、と付け加えている。
「その証拠に、大統領は毎月、貧しいマラウイの人々の犠牲の上に、肥大化した側近を連れてどこかに旅行している。チャクウェラ大統領は、配給ではなく、手頃な肥料を必要としているバージニア・カリファレのような人々を気にかけていないことを証明するために、彼の取り巻きは、寄付された肥料を1袋K15,000で売って、飛びかかる準備ができています。簡単に言えば、マラウイ人が政治家に利用されることを受け入れたからこそ、この決定に至ったのです。市民として、私たちは黙って苦しむことを楽しんでいるようだ。もし我々が今年、2021/2022年のK7,500に抗議していれば、このような事態にはならなかっただろう。この価格を受け入れると、来年は同じAIP肥料が1袋K50,000になりますよ!」とCDEDI事務局長は伝えている。

事務局長は、2022年11月19日(土)にデッザ県で予定されているプログラムの開始前に、寄付された肥料を販売するというチャクウェラ政権の決定を撤回し、AIP肥料の価格もK7,500に改訂するよう、チャクウェラ大統領に要求している。
「大統領は、AIP以外の国で利用可能な肥料の量についても明確に発表すべきです。」と話している。

メイズの入手状況について、事務局長は、主食であるメイズの価格が高騰している状況について、国民に説明するよう求めている。
また、全国で肥料と食料を入手するための正しい経路であることが証明されている、農業開発・販売公社(ADMARC)の販売拠点の開設を、国民がいつ期待すべきなのかも説明している。
「大統領とその政府は、空腹な人は怒っている人であり、国のメイズ危機への対応に不注意があれば、それは災害の元となることを思い出してください」と述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください