【マラウイニュース】政府はゾア滝から40メガワットの電力を獲得

Government to get 40 megawatts from Zoa Falls

2022年1月16日 | Face of Malawi

政府は、ゾア滝を発電に利用し、40メガワットの電力を得て、国の送電網に追加する計画だという。

エネルギー相は、木曜日にEgenco、Escom、Power Market Limitedの高官とともにチョロの伝統的自治体ンサブウェにあるゾア滝を訪れた際に、このことを明かしている。

ラザルス・チャクウェラ大統領とモザンビークのフィリペ・ニュシ氏が、ルオ川のゾア滝を利用した共同発電プロジェクトについて話し合っていることが、今回の訪問の発端であると大臣は話している。

彼は、滝が国が切実に必要としている電力を発生させることができることに感銘を受けたと付け加えている。

大臣はさらに、ルオ川の利用は共同事業であり、そのため両政府はまだ書類作成とその方法をまとめているところだと説明している。

主任は、このプロジェクトが国を発展させるだけでなく、彼の地域の人々に雇用を提供することになると述べ、歓迎している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください